不動産売却の際の必須事項である査定と査定額インターネット査定など

不動産の査定価格について

査定価格で売れるとは限らない

購入したマンションや一戸建てなど、不動産を売却しようと思った場合、
まず不動産会社の店舗に行ったり、電話で問い合わせたりと、
さまざまな方法で情報を知った上で査定金額を知ることが必要です。

不動産査定を受ければ、だいたいどれくらいの金額で売ることができるのかを知ることができるでしょう。
しかし、それを把握できたとしても、必ずしもその価格で売れないこともあるのが不動産の難しいところです。

仲介での取引が一般的

不動産物件の査定でなぜこのようなことがおこるのかというと、それは業者が買い取らないからです。

たとえば貴金属などを売りに出した場合には、一旦業者が買い取り、
そしてそれを別のお客さんに売却をします。
ですから、業者が納得すればその価格で売却する事ができます。

不動産の場合には、売買をする度にいろいろな税金を支払わなければなりません。
さらには、不動産の売買価格は安くても数百万円、数千万円など、
通常の生活の中での買い物と比べて非常に高額な買い物です。
不動産会社といえども、このような高額な売買をして在庫を抱えてしまうことは、非常にリスクが高いといえます。

そのために、不動産会社は買い取るのではなくて、買い手を探してくれるだけなのです。

査定額とは

仲介とは買い手を探してくれるだけ

買い手を探してくれて、その買い手に対して売却をしますから、
買い手がその価格で買いたいと思わなければ売ることはできません。

ですから、査定価格とは、不動産会社が買い取る価格ではなくて、
「これくらいなら買い手が付くだろう」という予想金額でしかないという点に注意しておきましょう。
提示された価格で常に売却できるとは限りません。

実際に売却できる価格は、買い手との間で交渉を行って、
そして売り手と買い手とが納得した価格で売却をすることになります。

買い取りという選択肢

しかし、必ずしもこの価格で売れるという保証があるわけではなく、
ある一定期間売れなかった場合に、買い取りでの取引へと移行できる場合もあります。

また、最初から不動産業者による買取での査定についても、
依頼すれば査定額を提示してもらうことも可能ですが、
その場合、仲介での取引と比べて安い査定額となってしまうケースが多いようです。